そうたの幻聴日記



プノンペンとシエムレアプ

首都プノンペン



「プノンペン」というのは「ペン婦人の丘」という意味です。

熱心な仏教徒であるペンという豪族の夫人が、洪水のときに流れ着いた四体の仏像を小高い丘「プノン」に安置したという伝説からこの名を冠せられました。

王宮の前でメコン川とサップ川が合流し、すぐ下流でメコン川本流とバサック川に分流する地点、チャド・モックに位置します。

チャド・モックとは、「4つの面」を意味することばです。

現在は、商業都市です。

かつてはアンコールの外港として栄え、17世紀には日本人町もあったといいます。




シエムレアプ



「シエムレアプ」というのは、「シャム(タイ)の征服」という意味です。

1907年にフランスがタイから割譲するまで、この地はタイ領だったのです。

シエムレアプは、アンコール遺跡群のある町として知られています。

大環濠都城アンコール・トム、巨大な寺院アンコール・ワットをはじめとする、アンコール遺跡群は、東南アジアで最大級の石造大伽藍群です。



現在のタイであるシャムのアユタヤ朝に15世紀に侵略を受ける前、ジャヤバルマン7世の統治下で、アンコール王朝は最盛期を迎えました。

ジャヤバルマン7世は道路網を整備して街道に121箇所の宿泊所を置き、国内の102箇所に病院を建てたといいます。



かつてこれほどの隆盛を極めた王朝は、その後衰退の一途をたどり、19世紀にフランスの博物学者アンリ・ムオーによって、アンコール遺跡群が再発見されるまで、ジャングルのなかで眠っていたのです。



現在、シエムレアプは、人口約6万人程度の小さな都市であるにもかかわらず、森と湖と遺跡を訪れる旅人であふれ、この国最大の観光地となっています。

7月11日に関するちょっとした豆知識についても掲載しておきます。7月11日は何の日か知ってますか?


実は、7月11日は世界人口デー(World Population Day)です。国連は、この日にユーゴスラビア(当時)のザグレブで生まれた男の子を50億人目と認定し、デクエヤル事務総長がかけつけて祝福した。1999(平成11)年10月12日には60億人を突破し、毎年約7800万人のペースで増加している。


毎月11日の記念日を知ってますか?


11日はめんの日です。全国製麺協同組合連合会が1999(平成11)年に制定。「11」が細く長い麪に見えることと、「いい」と読めることから。


ついでに、7月11日の歴史上の出来事についても紹介します。


1911年の7月11日、 富山線(現在の北陸本線)・名立~直江津が延伸開業。1921年の7月11日、 東京帝国大学に航空研究所設立


ちなみに、7月11日が誕生日の有名人には
セオドア・メイマン(米:物理学者, レーザーを開発)、
ジョルジオ・アルマーニ(伊:服飾デザイナー)、
石井隆(映画監督)、
李泰栄(CMディレクター)、
大家正喜(陸上(マラソン))、
高森悦子(タレント)、
山本喧一(プロレス)
などがいます。

詳しいことが知りたい方は何の日Anniversaryへ。また、有名人誕生日検索&今日は何の日なんかもいいですよ。

タグ:日記 ブログ ニュース 情報 言葉 知識 ネット 文章 検索 百科 口コミ コトバ 資料 ネタ 事典 平磯海釣り公園

TrackBack
[PR]
# by yukarinban | 2008-07-11 09:26


そうたがあれこれ語りますよ
検索
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧