そうたの幻聴日記



風邪

子供にとって、一番身近な病気といえば「風邪」ですよね。


「風邪」と呼ばれるものは、ほとんどが、鼻や喉にウィルスが感染して炎症を起こしている状態のことを言います。


風邪のウィルスは、250種類以上もあるため、一度風邪にかかっても、また違ったウィルスに感染すれば何度でもひいてしまいます。


赤ちゃんは、生後6ヶ月くらいまではお母さんの免疫があるために、風邪をひきにくいですが、絶対にひかないというわけではありません。

産まれてすぐからでも、風邪をひいてしまう赤ちゃんもいます。

高熱が出た場合は注意が必要ですが、「どうして赤ちゃんなのに風邪をひくの?」と心配する必要はありません。

赤ちゃんは、風邪をひきながら抵抗力をつけていくのです。


症状としてはくしゃみや鼻水、せきなどがあり、熱も出ますが、普通は3、4日で熱は下がって、1週間もすれば症状は良くなります。


38度以上の熱が4日以上続く場合は、風邪以外の病気も疑い、必ず受診しましょう。

ウィルスは、「飛沫(ひまつ)感染」によってうつります。

咳やくしゃみで簡単にうつってしまうので、風邪が流行っている時期は、人が集まる場所を避けることが一番の予防法になります。

風邪には特別な治療法はありません。

ほとんどの風邪は、自然に治るので、部屋の室温や湿度を快適にして、気持ちよく休ませてあげることが大切です。

水分の補給も大切ですね。

離乳食の赤ちゃんは、無理強いしないようにして、消化の良いものを与えましょう。

【記念日】

神戸港記念日
1868年1月1日(旧暦1867(慶応3)年12月7日)、神戸港が外国船の停泊地として開港した。神戸港は、横浜港と並ぶ日本の二大国際貿易港で、神戸市発展の原動力となった。


色の日
「い(1)ろ(6)」の語呂合せ。色に関係する職業の人の記念日。  


みやげの日
全国観光物産振興協会が制定。「み(3)や(8)げ」の語呂合せ。観光と土産品の需要の増大を図る日。


籔入り[やぶいり]
昔、商店に奉公している人や、嫁入りした娘が、休みをもらって親元に帰ることができた日。この日と7月16日だけ実家に帰ることが許されていた。


ホワイトデー
2月14日のバレンタインデーにチョコレートを贈られた男性が、返礼のプレゼントをする日。バレンタインデーのチョコレートに対しキャンデーやマシュマロをお返しするのが一般的になっている。


ボーイズビーアンビシャスデー
1877(明治10)年、札幌農学校(現在の北海道大学農学部)の基礎を築いた教頭・クラーク博士が、「Boys。be ambitious.(少年よ、大志を抱け)」という有名な言葉を残して北海道を去った。


左遷の日
901(延喜元)年、右大臣・菅原道真が醍醐天皇によって九州の大宰府に左遷された。彼の才能を妬む左大臣・藤原時平は、道真を罪に陥れてやろうと策略し「道真は国家の政治を私物化している」と醍醐天皇に何度も讒言した。


カチューシャの歌の日
1914(大正3)年、島村抱月と松井須磨子が起こした芸術座が、トルストイの『復活』の初演を行った。この中で歌われた「カチューシャの歌」が大流行した。

タグ:心理学 恋愛 髪 切り方 トイプードル しつけ ユニックパーヴェールダンス リボンキャスケット バリ島 観光 フラット35 顔 ほくろ 社交ダンス パーティー 永久脱毛クリーム 自転車保険 安い 子供保険 アリコ 内職 資料請求 ペット 同伴可宿泊施設 猫 動物学

TrackBackComment
[PR]
by yukarinban | 2008-10-06 10:38 | ニュース
<< アパレル用語を知ろう 英進館の速聴講座わくわく文庫 >>


そうたがあれこれ語りますよ
検索
フォロー中のブログ
以前の記事
カテゴリ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧